ホラーは苦手です。ふっつーにSAWとかITは一生何があっても見たくないし貞子系も全く見たいと思いません。

…というわけで犬神家の一族は、どんだけ文一君が大好きで結婚したいぐらい好き以外の感情がなくても、無理です。無理。

ですがそんな長い期間(マクガワン以来…っていうかマクガワンの感想って書いたっけ?)文一君に会えないのもいややなと思い、当初行くつもりが全くなかったThe DISCOTHEQUE Re-feverに行ってきました。

ディスコは参戦なのか??観劇??参加??ちょっとよくわからへんけど。

結局毎回行かへん行かへんって言いながら行ってます。だって楽しいねんもん…あの空気感とやらぶん、ぶんいつ(ちなみにぶんいつ結婚してほしい願望はありません、私が結婚したい)の掛け合い、恥ずかしさは少々ありながらも踊る楽しさ、文一くんの鬼監督っぷり、楽しそうに踊る文一君、五万年ぶりぐらいに見る文一君の側転、などなど挙げていくときりがないんですが、あの舞台独特の空気感や盛り上がり、行くしかないじゃないですか!本当に屋良くんの人柄と実力と勢いがあってできた舞台やと思うし、屋良君が屋良君だから文一君はあれだけ好きであれだけ楽しそうに出てくれているんだと思います。

次は行かれへんけど、センキューJAPAN!!!