Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ジャニーズWESTの妄想チョコ事情(中間)

淳太先輩、か。

 

うわーー淳太先輩ぜっっっっっっったいにチェリーボンボン

絶対に。そう。

「バレンタインは自分が食べたいものを作る。」っていうのをモットーにチョコレートを作ったら、思ってたより周りに不評で、

「なんか、大人の味だねー、」とか「見た感じ通り、渋いなあ」とか結構グサグサ来ることをたくさん言われるから結構しょげるよね。ダークより、馬鹿みたいに髪の毛が明るくてネイルゴテゴテのやつが作った甘ったるいミルクチョコのほうが部長クラスは好きなんだなー。

 

「どうせ?ババアだし?余っても食べれるものを作ったから構わないけど?」

とか独り言言いながらでっかい紙袋もってマフラー巻いて退社しようとしたところ、部署が変わってからあまり会わなくなったけど入社当初はたくさんお世話になった淳太先輩が近づく。たまに社内のカフェで見かける程度の関係性だけど、やっぱりずっと好きだったの。

バレンタインの日は淳太先輩もちょっと張り切ってるのか浮かれているのか、「ラッキーネクタイ」をつけてるし、髪の毛もすこしジェルで固めている。かわいい。

でも、あんなに同僚から不評だったチェリーボンボンを好きな人に渡すことはできない。こっちはプライドもズタズタなのに、それを淳太先輩にえぐられるのはごめんだ。

やっぱり心なしか淳太先輩の目がキラキラしてるんだよねー。あげたくないなー。って葛藤してる間にエレベーターがどんどん近づいてくる。

しびれを切らしたように、「なあ、なんかないん?」って話しかけられてギクッとしちゃう。「いや、ありますけど、渡せません。」って緊張しながら返したら、「はあ? 笑 なんなん、失敗したん?」ってちょっと意地悪な笑顔で聞いてくるから腹立つじゃん?

「失敗はしてないです!!!周りの感覚がおかしいだけで!」

「まあええやん、じゃあ。一個頂戴や。」

みたいな?!しぶしぶ紙袋から出したら、

「おお!ボンボンやん!」ってきらっきらの笑顔+ちょっとだけ八重歯だして言われてもうトキメキメーターマックス!レーダーぶっ壊れる!

「ふっ、淳太先輩ボンボンですもんね?」よか毒づいたら「うるっさ 笑」って返されるんやろなあ!

食べたらちゃんとおいしいって言ってくれるやろし、満点の笑顔できっちり食リポしてくれそう、こっちがおなか一杯になるまでOLみたいにお話ししてくれそう。で、流れで駅まで送ってくれそう。

別れ際に、「俺ボンボンやから。笑 ホワイトデイ期待してな?」って言われたい。そしてアウディで走り去ってほしい。

アウディに乗ってるってことにも夢がたくさん詰まってて!金持ち=ベンツとかBMWっていうイメージがあるけど、お金持ちかつお上品な淳太君はアウディなのである!デザイン性と機能性を兼ねそろえたドイツ車アウディ!万歳!)

中間淳太先輩最高である。