ジャニーズWESTの妄想チョコ事情(重岡)

お題「チョコ」

 

ジャニーズWESTの妄想チョコ事情

 

重岡

「俺、チョコレート苦手やねんな、へへっ」ってバレンタインの当日に言いそう。でもあの笑顔で言われてしまうと許せてしまうし、むしろ事前リサーチしなかった自分を恨むし、猛烈に反省する。でもやっぱりちょっと腹立つ。

「はああああ?!?!もう作ってもうたやんけ!!!」

ぐらいには文句言うよねー?これを実際に言ってしまうパターンでは、「えっ、作ってくれたん?じゃーちょうだいやー」っていう感じかな?こっちはもう(えっ?ほしいの?苦手なんでしょ?私の手作りなら食べられるの?結婚したいの?えっ?)っていう心理状況だけどきっと向こうは構わずにむしゃむしゃ食べるだけ食べて、「あー苦っ!」ってチョコだらけの歯をいーってして見せてくるんだろうなあ

文句を言わずに最後まで作ったことを隠していくパターンではたぶん一日の最後のほうに「で?くれへんのん?」って聞かれるんだろうなー。白シャツの一番上のボタンだけ開けてる、チャラすぎずまじめすぎずな重岡君、きっとこじゃれた顎クイやら壁ドンとかはしないんだろうなー。普通に聞かれるんだろうな、それが一番いいなー。「だって、自分チョコ嫌いって言ったやん!」って言ったら「まーええがな、とりあえずちょーだい」って言いそう、っていうか言ってほしい。苦ーい顔しながら、「うわー、チョコや!」って言っておまけに変顔もしそう。「そんなんわかってたやん」って笑いながら、流れで一緒に帰りたい。帰り道にあるデイリーヤマザキで、ふざけて「お口直しや!」とかいってオレンジジュースのパックを2つ買って自分に片方投げてほしい。「うそや、まあまあおいしかったわ。」って言われて別々のホームに分かれて帰りたい。きっと電車の中ではぬるくなっていくパックをつぶれない程度に握りしめながらもんもんするんだろなー。こんなバレンタイン送りたかったー。

 

ほかのメンバー分も妄想していきたいな、、、重だけでこんなに妄想できるとは想定外

24魂を振り返っていきたい件

少しずつ、断片的にでも24魂を振り返っていきたい。もう2か月も前になるのか...

 

そもそも、私はまだファンクラブに入っていなくて、受験が終わったら入るつもりだったところ、たまたますごく優しい人が自分のツイートを見つけてくれて譲ってくださったのが始まりだ。

まず、初日の初公演ということへの感動がすごくて。大体レポとかで少しはネタバレしてしまうけど、自分たちがそのレポを初めて世の中に出す人になるわけだ。歴史が刻まれていく瞬間をこの眼で見るのか、、、あぁ、感慨深い、、、っと言っている間に12月23日になっていたのであった。

 

実は最初は行く気がなかったのだ。もちろんFCができたのもドーム公演はうれしかったし、ファンになってからそれまでジャニーズWESTジャニーズWESTとしてみたことがなかったのもあって、行きたい気持ちは大きかった。でもファンクラブには入っていないし、チケットを入手するすべもなかった。

しかし、小瀧がラジオで言っていた話をきっかけに、行きたい気持ちが爆発した。「メンバー全員、ドームの夢見るんですよ」、「全然人が入ってなくて、スタンドとかガラガラで」(ニュアンス)という話を聞いて、驚いた。そうか、うれしい気持ちの半面には戸惑いや不安も溢れているんだ。これは会いに行かなきゃ、と強く思ったのだった。

 

(続く)

アイドルが好きだ。

私はアイドルが好きだ。

 

何度でも言おう、アイドルが好きだ。

 

アイドルが好きだ。

 

ファンを笑顔にするために必死に歌って踊ってしゃべって、たくさんのお仕事をして、頑張るアイドルが大好きだ。

 

無論、それは男性も女性も、2次元も3次元もである。

 

男性アイドルといえばやはりジャニーズ。上はV6から、下は関西ジャニーズjrまで結構広い視野でお茶の間追っかけを続けている。もちろんイケメンに越したことはないが、好きになる理由は必ずしも顔というわけではない。

きっかけは人それぞれだろう。なんだかんだ言ってファン歴6年近い伊野尾は「ありがとう~世界中のなんちゃら~」で見てからじわじわ好きになっていったし、4・5年ファンをやっている安田はズッコケ男道の一人ずつあるソロパート(振り切ってこーぜ、の所)に聞き惚れて以来ずっとだし、神山/松倉は完全に少クラのパフォーマンスに惹かれたやつだ。要するに何が言いたいかというと、どのタイミングで誰を好きになるかはさっぱりわからないということ。

 

女性アイドルでいうと、圧倒的に乃木坂46だ。もともと「生田絵梨花かわいいな~」ぐらいには思っていたものの、なんだあの才能の塊は。鬼才って言われるのもわかる。ドイツ出身?東京藝大?ピアニスト?すごいよ、すごすぎる。羽毛詰め込みすぎたクッションみたいな感じ、いい意味で。でも実際惚れた瞬間は実はポーランド民謡を耳コピしたやつを披露したとき。おったまげた、まさかあのかわいい顔からあんな歌が出てくるとは。(参照:

https://www.youtube.com/watch?v=eNu0W1ctu50)この才能の塊に気づいてからすぐに梅芸でのロミジュリチケット購入をしてしまった。レポは後日あげることにするけど、それにしてもあのメンバーの劇をB席?C席?かなんかで¥5000ってお得過ぎない?3階席の一番前をその値段って安売りしすぎてない?

あと、けやき坂ね。長濱ねる、ね。かわいい。でもかわいいだけじゃない。過去もあっての彼女で、その経験が彼女の芯を強くしたのである。(ちょっとキャラクターとかバックグラウンドが若干複雑な子好きになりがちだと最近やっと気づいた)

 

2次元も負けていない。ラブライブアイドルマスターシンデレラガールズ(略してデレマス)。最&高である。ラブライブは馬鹿みたいにはまったなー、今はそこまでだけど。スクフェスもEXPERTとかガンガンやってたし、うたったし踊ったし。(ちなみにエリーチカ)

練習した踊りでいうと、控えめに言っても

ぐらいはあるわけ。キモかっただろうけど、女だから許されていた部分もあったんだろうなー。スノハレはできなかったんだなー。

もちろんデレマスもはまった!あんずちゃん大好き。やっぱり頑張ってるアイドルは素敵だしこっちも必死に応援したくなる。あんずちゃんの本気とだるんだるんの時のギャップがすごい。そしてかわいい。GoinもOPの歌(忘れたけど)も練習した記憶がある。

 

まあ、このように、私はアイドルが好きなのである。まだまだ語ることはたくさんあるが、古典のテストもあるから今日はこれで...