すき焼き w/中間淳太

お題「好きな肉」

中間淳太の金ですき焼きが食べたい。

仕事帰りに待ち合わせして(お目当ての店は北新地の隠れ家的なお店だけど、待ち合わせはJR大阪駅の中央改札近くの阪神に行く地下通路の近く)、最近のこじゃれたトマトすき焼きとかじゃなくて、めちゃくちゃオーソドックスな甘辛いすき焼きを食べたい。

 

なんやったら付き合ってなくてもいいわ。残業回避のお手伝いのお礼、とか熱で倒れた時に仮眠室まで引きずったお礼、とかでもいい。

「お礼するわ。なんか食べたいもん考えといて?」って聞かれたときに迷わず「すっごいおいしいすき焼きが食べたいっす。」って言うわ。たぶん気づかんうちにパパッと予約も取ってくれてんねやろなあ。

 

おごりや!ただ飯や!やったー!!っていう心構えで来たものの、ちょっと申し訳なくなって「卵のおかわりとかしていいかな?」ってぼそぼそ聞きたい。「それぐらいええわ(笑)それ払えへんほど困ってないわ」って言われたい。かっこいいよ、お淳太!

 

締めのデザートもしっかり食べて帰りたいな。もしくは、デザートがない店やったらすねてるところを「帰り道にコンビニスイーツ買ったるから。」って宥められたい。「ほんま?!ありがとー淳太!!」って酔った勢いで呼び捨てにしたい!

 

北新地から梅田への地下道を二人若干ほろ酔い(自分もお酒強い設定)で「おいしかったねー」って言いながら帰りたい。

 

ちょうどコンビニスイーツの話を忘れたときぐらいに、マクドと阪急の3階改札の別れるところで「じゃあねー、ばいばーい」って言ったときにお淳太がぐっと腕引き寄せて、「デザートいらんの?うちの近くにセブンあるけど。」っていってほしい!強引に3階改札行きのエスカレーターに乗せられてそのまま阪急神戸線に乗せられたい。

 

ほろ酔いやから、こっちも「雲雀ケ丘...花...?」ってなってるところをクスクス笑われながらお持ち帰りされたいね。

 

ぽわぽわの気持ちなまま次の日淳太の部屋で起きたらリビングの机の上にはビニール袋に入ったままの抹茶プリンと淳太のジンジャエールnanacoがはいってるんやろなあ...素敵。

大阪の地下鉄

お題「好きな乗り物」

 

小瀧望御堂筋線に乗りたい。

自分はJR沿線なので小瀧が千里中央だと仮定すると、待ち合わせするにしても梅田になるやろなあ。地下鉄から来るから御堂筋口の改札前まで来てくれるんちゃうかな、ちょっとでも遅れたら

「なあもうずーーーーーーーーーーっと待っててんけどお、どうしてくれんの?」とかいってぷんすかするのかな?元々遅刻魔やけどこのやり取りをしたいがためにちょっと遅れていくかもね。

一緒にうどん屋の方向に戻ってそのまま地下鉄乗りたい。

御堂筋線乗るまではいいけど、そこからどうしよ。

 

(余談ー北摂の子やからミナミはどうやろ...って思ったけど藤井流星とよく遊んでるなら多分結構慣れてるよねー、アメ村とかも余裕で行くんやろな。正直個人的にはよう行かんけどね。)

 

天王寺のおいしい洋食屋さんとか行きたいかも。「ぐるなび4.3やで!!ビーフシチューがおいしいってー (スタンプスタンプスタンプ)」みたいなLINE送ってきそう。「ハッシュドビーフの味向上のために!付き合ってや!」って誘われたいなー

 

あー、でもレストランのメニュー見てオムライス頼んじゃいそう。それで小瀧に「はあああああ?!?!?看板メニュー頼もーや!」って言われるやろけど、実際オムライスが来たら「一口でいいからちょうだいやー」って言われそう。「あーんして!」って言われたらしちゃうんやろなあ。「んんんーーーっま!」って卵と同じぐらいのとろける笑顔で笑ってくれるからきっとあげ甲斐もあると思う。そんなデートしたい。

 

ただ、桃山台に住んでる設定で電車内待ち合わせもしてみたいなー。「何分着の電車の4号車に乗ってるで!」みたいな連絡がくんねん。で、ちゃんと会えるかな?ってドキドキしながら車両に乗ったら「こっちこっち!」って手を振ってくれそう。千里中央北大阪急行に関しては始発やから、先に座ってた椅子を開けてくれて自分は吊革につかまるんかな?「優男!かっこいい!!ありがと!」って褒めたら「やろ??もっとほめて!」ってどや顔で頭差し出しそう。新大阪で隣の席が空いても、おばあちゃんに譲ってあげそう。そういうところも素敵。さすがに梅田で席が空いたら座るやろけど。静かにキャッキャしながら天王寺に行きたいな。

浜中文一が超最高な彼氏である件について。

浜中文一、ご存じ?

 

前々から知っていたものの最近沼に落ちてから早1年。去年の少クラin大阪のGrateful Worldで本格的に恋しました。

なんかもうすべてが輝いて見えて、目・口・鼻・額・骨格全部が好きになりました。そこまでどっぷり落ちたのは実は安田章大以来で、もちろん大好きな神山・松倉は実は私の中では「顔が好き」という枠ではもちろんあるのですが、それが好きである理由1位ではないのです。また、安田章大はアイドルとして顔・声・骨格が好きなのです。それ以上でもそれ以下でもないのです。

 

そもそも、私はアイドルと自分の世界とはしっかりとした線引きができている人間だったはずなのです。今までリアコもしたことはなく、アイドル・パフォーマー・一人間として好きになったことしかありませんでした。

 

しかし、浜中文一は全く別ジャンルで好きになってしまったのです。そう、男として。関西出身であることも関わっているのでしょうか、なんせすべてがかっこよく見えてしまうのです。

 

だって、想像してみてください。

同棲してもう丸2年。早めに仕事が終わって家でロールキャベツを煮込んでいたら、玄関のほうから「ただいまー」と聞こえるダミ声。それだけでも愛おしいのに、「今日は晩なにー?」と間延びした声で聴いてくるかわいさ。「おかえり、ロールキャベツやで!」って言ったら、ちょっと気の抜けた笑顔で「おー、ありがと。」って言ってくれるでしょうね!かわいい!好き!

お皿を一緒に出して、ゴールデンでやってるお笑い番組を一緒に見ながらちょっと乾杯して。「俺、笑い飯やっぱ好きやわー」って絶対いうと思う。「えー、私やっぱ銀シャリ」とかくだらない話して缶チューハイを二人で何本か開けたい。「パイナップルうまい?」「昨日の桃の奴のほうがよかった」とかぶつぶつ言い合いたい。終わったらさっさと片づけてお風呂にはいりたいねー。

お互いさらけ出してるから今更裸も恥ずかしくなくて、「お前ほんまええ背中しとるな」とか変なところ褒めるから「せめて胸かお尻にしてや、笑」って小さな湯船で並んでくつろぎながら言い合ったりして。「またあそこの温泉いきたいなー」って思い出話もして。

出たら自分は漫画を読んで、文ちゃんはタオル地の半ズボンで「ほなちょっと散歩出かけてくるわー」っていって解散したい。

ちょうど3巻ぐらい読み終えたとこでアイス、ではなく私の好きな午後の紅茶を持って帰ってくるんだろうなー。「やっぱわかってるわぶんちゃんー」って甘えると「もーなんやねんなあ」って向こうもだらっとしてきそう。二人でソファに座ったままうたたねしたいなあ。サマーニットの毛布を二人で着ながらネットフリックスをつけっぱなしにするんだけど、あれ途中で切れるから静けさで文一の目が覚めちゃうんだろなあ。「あーーー、あかん、ベッドいかな。」っていうけど自分は一切動く気配ないからしょうがなくお姫様抱っこ・おんぶではなく、町娘抱きでベッドまで連れて行ってほしい。それからハッスルすることもなく静かに朝を迎えたい。幸せやろうなーーーー、こんな同棲生活したい。

 

ね、浜中文一いい彼氏でしょ?妄想やけど。

伊野尾を降りた話

2010年から伊野尾慧が好きなんですよ。

あの絶対に染めない黒髪とか、絶対に媚びないところとか、みんながかわいい自撮りを求めているときに変顔をするところとか。

先輩とか大御所に結構ぐいぐい行くところとか、メンバーに妙に冷たいところとか、声がおかしいから歌もへたくそなところとか、踊りも常に40%なところとか。

もうかれこれ7年も担当してて、結局降りることになるとは思ってもいませんでした。

最初に出会ったのが「ありがとう~世界のどこにいても~」のPVで、そこからどんどんのめりこんでいったわけです。私のジャニオタ人生のきっかけはこの人だったといっていいでしょう。

そこからどんな素敵な人に出会っても、やっぱりピラミッドの上には伊野尾がいて。建築系のお仕事が入ったときは「学校頑張ってきてむくわれたね」って自分のことのように喜んだし、2番のAメロとはいえAinoArikaで短いソロをいただいた時も泣いたし、ちっちゃいジャニーズ枠のドラマでも全力で喜びました。

24時間テレビのパーソナリティが決まった時も死ぬほどうれしかった。でもその頃から少しずつ変わってきたのかな?

テレビ局の犬、っていうか、芸能界に染まってしまった、というか。自分が今まで好きだった伊野尾とは違う人物がテレビに出ているきもちでいっぱいです。

最初は頑張ってみていためざましテレビもどんどん興味を失い、志村動物園はおろか、その他の番組もあんまり見なくなってしまいました。さすがに007に出たときは張り切って録画したし、喋りを聞いてやっぱり私が好きになった人やなーって思ったけど。なんだかんだ言ってその気持ちも薄れてしまいました。

私生活が忙しくなったのに加えて、私は以前から大好きだったジャニーズWESTのドームコンサートに参戦する機会がありました。そこからは一気にずぶずぶと沼に落ちていきました。さらに自分の中にいた伊野尾がどんどん薄れていくのでありました。

もう生活しててふと顔が浮かぶこともあまりありません。神山、松倉、文一はよく身の回りのものに関連付けて思い出すのに、伊野尾はなぜか自分の中で靄がかかっているようにぼやっとしていて、思い出さない。

 

 

これが担降りだな、と初担降りなりに思ったのでありました。

鍋といえば

重岡大毅、と鍋ライフですよ、鍋といえば。

めっちゃ夢ありません?

もはやシゲファンじゃなくても妄想できますよ。

 

シゲと同棲して早二年、お互い別の仕事場から最寄り駅で待ち合わせして、阪急オアシスで買い物を済ませる。カットねぎを買うか一本丸まま買うかでもめた結果、風邪予防という主張でシゲが勝利。「好き嫌いはあかんでー」っていいながらきのこの山をカートに忍び込ませるところが子供らしくてかわいい。「うるさい、ヤングコーン」って悪態づいたらわかりやすく拗ねるところもまたかわいい。

 

でもなんだかんだ言って重い袋も持ってくれるし、エレベーターのドアは抑えてくれるし、家の鍵を出すのにもたついても笑って待ってくれる。結局はすごくいい彼氏。自分にはもったいないぐらいの。

 

部屋に入ってすぐ、二人とも癖で「ただいまー」と誰もいないはずの部屋にいう。「逆に返事あったほうが怖いか。」と一笑いして、中に入っていく。「俺具材切っとくから化粧落としてきー?」なんて粋な計らいまでも!「なんていい男なんだ、お前さんは。」と言いながら洗面所に向かうと後ろのほうに笑い声が聞こえる。

 

一受けしたな、しめしめ。なんて関西人らしく思って化粧を落とし、保湿をしていると遠くから「なあー、土鍋どこいったん?」と聞かれる。やれやれ、何回鍋したら覚えるんだか。電気を消してキッチンまで戻っていつもの微妙に届かない高さの戸棚から土鍋を出そうとすると、視界の端っこにニヤニヤしたシゲが見える。ん?と思っているうちに点と点が線になる。この違和感は...デジャブだからか。っていうことはシゲの確信犯...?目が合った瞬間、雄たけびを上げながらタックルしようとすると走り出すと同時に「ひゃあ!」なんて女々しい声をあげながら脱走しようとする。二人でソファに着陸すると、シゲがひいひい言いながら目の前で爆笑している。「あーもうやばい。めーっちゃおもろいしかわいいし、全然気づかへんのめっちゃ笑った、あひゃひゃ」なんていいながら。

 

くそっ!なんでそんなにさりげなくイケメンなんや?!素敵なやつか?!って思いながら笑っているシゲを睨んでいると、勘違いをしたのか、「ごめんってー、ごめんごめん。食後のアイス好きなん選ばしたるからー」なんて嬉しい約束を。もともと別に怒ってなかったけど、まあいっか。結局仲良くお鍋をお腹いっぱい食べて、シゲが狙っていたデイリーヤマザキ限定の31のカップアイス(ベリーベリーストロベリー)を強引に奪いましたとさ。

Remove all ads

ジャニーズWESTの妄想チョコ事情(流星)

同僚の藤井流星にはコンビニのラムレーズンかな?

「バレンタインやのにお互い相手なしの残業かー」って言いながら次の日のプレゼンの資料をグーグルドライブで作っていくの。グーグルドライブって同時に作業できてその場で同期するやつだから、お互いがどう動いてるのかが把握できる優れものなんだよね。

一応バレンタイン関係ない仕事人間だからチョコレートは作ってなくて何人かの後輩に「ないんですかぁー?」って聞かれたけどしょうがない。ホワイトデーまで待ってもらおう。

もちろん誰にも作ってないから藤井に聞かれた時も「え、ない、ごめん」って普通に答えたけど、そう言った後のシュンっていう効果音付きの表情への罪悪感に午後はずっと押しつぶされそうになっていたんだけど、今は普通に作業してるみたい。

でもさ、やっぱり喪女の同僚にチョコもらってもいやかなあ、でもシュンとしてたよなあ、なんて思っていたらあっという間に10時。よーく画面を見て見たら藤井の作業が止まっている。ちらっと席を見てみると、完全に寝ている。完全に、寝ている。

「ああ、手作りじゃなきゃいいか!」ってその瞬間ひらめいたわけ。だから急いで下のコンビニに降りて、ラムレーズンを手に取る。確か飲み会の時は酒豪だ酒豪だ、って言われてたなーって思い出しながらついでにオロナミンCも手に取って、ピッとICOCAで支払いをすます。

オフィスの階にもどってもまだ寝ている。いいのかな?っては思うけど、いつもちょっと不機嫌そうな藤井があんなにすやすや寝ていたら起こすにも起こせない!ということで、机の上にポンッと市販ラムレーズンの箱とオロナミンCを置いて藤井の寝顔の写メも撮ってさっと離れる。思わず独り言で「これが独身とか、うそでしょ。私やったら付き合うわ(笑)」って言うのが漏れてしまったけど大丈夫。起きる気配は、全くない。

自分の机に戻ってパソコンの電源を落とす寸前にパッとグーグルドライブの画面が目に入る。共有されているのは自分と藤井だけだ、っということを思い出して専用チャットに「ハッピーバレンタイン、残業もほどほどにね。」っていうコメントを残して帰宅準備をする。どんなリアクションをするかなーなんて妄想している間にもう電車の時間がせまっている。気を使って音を立てずにドアを出ていくが、たぶん音を出してもきづかないんだろうなー、かわいいな。

家に着いたらメールが2通入っている。しかもグーグルドライブからの通知だ。不思議に思いながら開けてみると1通目は「藤井流星さんがコメントをしました:うるせ。でも美味しかったありがとう。好みどんぴしゃで嬉しかった。」、そして2通目は「起こしてくれんの待ってたのに。来年は一緒に帰ろな。」って書いてある。

1通目はわかる、好みにあっていたのはこっちもうれしいし。

2通目はなに?!?!起きてたの?寝顔とったのもばれてたの?来年はってどういう意味?お互い独身?それとも期待していいの?なんなの?って藤井流星の言動に振り回されながらいつもより熱めのシャワーを浴びながら化粧を落とす木曜日の晩でした。

イヤフォンのこだわり。

お題「愛用のイヤフォン・ヘッドフォン」

 

なぜかね、イヤフォンはAppleの純正のじゃないと合わないんだな。理由はわからないけど、日本でよく売ってるシリコンのボールがついている奴は気持ち悪くて全く使えない。

 

あの白くて、ダサいわけではなくダサいイヤフォンが何故か一番落ち着くし、一番のしっくりくるんだな。

 

正直、ヘッドフォンはかぶるわけだし頭のサイズと会えばなんでもいいんだけど、純正イヤフォンだけは譲れない。